金曜日午後6時半 — 仕事で物事を包み込んで、出ていく時間だ。なぜか今日、日本語で感想を書こうと思っている。
本日の夜、ジェイソンに会うつもり、ジェイソンはその人の本名ちゃうけど、とにかく、ジェイソンでいいやろ。
ジェーソンはまだ会ったことない、実際は友達から紹介してもらった。

通常会話からビットコインまで

ジェイソンと話が続けて、プログラミングの話題が出てきました。
ジェイソンがC・C++言語に興味を持っていて、できれば日本でC・C++の仕事をしたいと言っていた。
最近Blockchainテクノロジー上で立ち上げたスタートアップのサービスが増えたそうで、
それでC・C++プログラマを採用している会社が多くなってる。

驚くほどジェイソンはCrypto SpaceやBitcoinなどの長い経験がありました。
僕からそのトピック話さなくても、相手から仮想通貨とBlockchainの話がよく出てる。

やっぱり、数年前より仮想通貨とかBlockchainに知識ある人が増えたのは否定できない。
マシンラーニングとAIと同じように、だんだんその現象で仮想通貨とBlockchainが広げていくと思う。

現在、ベアーマーケットのせいで、ニュースカバレッジが少なくなっただけで、2014年と同じ事相となっている。
過去にも値段上げ・下げの時期がたくさんあった。2012年 ~ 2014年の時はっきり覚えていないが、
Mt. GOXの押収はBitcoinに大きな影響があったという強い思い出がまだ残っている。

https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC2802C_Y4A220C1MM8000/

Silk Roadも2013年10月に逮捕されていた時。

http://coinandpeace.hatenablog.com/entry/2014/10/17/141447

ギリシャ政府債務危機も大きなインパクトだった、
その時、Bitcoinがストアバリュー(保存値?)として信頼できるのを初めて示していた。

http://xn--eck3a9bu7cul.pw/articles/wf8KV

2014年とのベアーマーケットと比べたら、まだリカバリーが遅いが、
次のブールランのために準備しといた方がいい。

その間、ビットコインの歴史に興味があればこちらの記事がいいまとめです:
https://jpbitcoin.com/about/history_price

楽しい一日だった。